売れないハンドメイド作家に「売れるコツ」を教えるブログ

ハンドメイドで売れないと悩むハンドメイド作家をはじめ、ハンドメイド販売初心者に向けて、売れるコツを紹介するブログです。 ハンドメイドマーケットで売れるようになるためのハウツーを公開します。

個人で自作ネイルチップを販売したい!ハンドメイドの資格は必要?

f:id:handmade-howto:20180408055454j:plain

自作のネイルチップを販売したいけど、特別な資格を持っていないとできないの?と悩んで、なかなか販売に踏み切れない方、いませんか?

結論から言うと、自作ネイルチップの販売には資格は必要ありません。直接お客さんの爪に施術するのではなく、ハンドメイドのネイルチップを販売するだけなので今すぐにでも始められます。

 

【目次】

 

自作ネイルチップ販売に資格は必要ない!

個人で自作ネイルチップを販売する際、資格は必要ありません。「資格が必要なのを知らずに、勝手に販売して何か面倒なことになったらどうしよう」と思っている方も多いと思いますが大丈夫です。

ミンネやクリーマ、メルカリなどの出品者のプロフィールに「ジェルネイル資格あり」など書いているのを見かけて、資格が必要なんだ・・・とあきらめてしまっていませんか?

そもそもネイルチップの販売に資格がいらないのは、直接お客さんの爪に施術するわけではなく、ネイルを施した「チップを販売」するからなんですね。

ハンドメイドのネイルチップが売れる理由

ハンドメイドのネイルチップは売れています。とはいっても、私は実際にネイルチップを販売しているわけではないのですが、ハンドメイドサイト(ミンネやクリーマ)を見ると注文数もレビューも多いです。

ハンドメイドのネイルチップが売れる理由は、お店でネイルを施術してもらうと高いからです。ハンドメイドサイトで販売されているネイルチップはお店で施術してもらうよりも圧倒的にコスパも良いですし、デザインもたくさんあります。さらにネイルチップなら好きなタイミングで付け替えできるので使い勝手も良いです。

ただし、売れるネイルチップにするには注意点があります。

マニキュアのネイルチップは売れない?

f:id:handmade-howto:20180408055114j:plain

普段自分でネイルするときはマニキュアで塗っている方も多いと思います。ですが、ネイルチップを販売するとなるとマニキュアではなくジェルネイルの方が圧倒的に売れます。

フリマアプリやハンドメイドサイト(ミンネやクリーマ)でネイルチップを注文するお客さんは、

  • マニキュアよりもジェルネイルの方が長持ちする
  • 自分でジェルネイルをするのは手間がかかる
  • お店でジェルネイルすると施術料金が高い
  • ジェルネイルのネイルチップならコスパが良いし付け替えも楽しめる
  • ハンドメイドサイトやフリマアプリならデザインもたくさんある

といった理由で注文している方が多いと思います。

デザインが良さや価格の安さを重視しているお客さんなら、マニキュアのネイルチップでも注文すると思いますが、これから自作のネイルチップ販売で稼ぎたい!と意気込んでいるなら圧倒的にジェルネイルのネイルチップを作成した方が売れます。

ジェルネイルはやったことない・初心者で不安・・・なとき

ジェルネイルはやったことがない、まだ始めたばかりの初心者で、自作のネイルチップを販売したいけど自信がないとききは、ざっとで良いので基本から学びましょう。今ではyoutubeやブログ、ウェブサイトなどでジェルネイルのやり方はいくらでもでてきます。

ジェルネイルのネイルチップの販売・・・やってみたいけどどうしよう・・・と悩んでいる時間がもったいないです。ネイルチップは、せっかく誰でも販売できるんですから、パパっと勉強して作品づくりに取り掛かった方が良いと思いませんか?

ジェルネイルの通信講座なら基礎~応用まで迷わず学べる!

youtubeやブログを見たりしてジェルネイルの勉強をしていると、

「あれ?ここはどうすれば良いんだろう」

「いろんな動画を見ていたら結局どれが正しいのかわからなくなった」

「ブログや動画を行ったり来たりして時間がかかる」

など、わからない箇所がでてきたり、予想以上に時間がかかったりしますよね。そんなときは、基礎から応用まで迷わず学べる「通信講座」が便利です。ジェルネイルの教室が近くにない方でも、自宅で勉強できるのが嬉しいポイントですね。

キットとテキストがセットになっているので、自分で材料を調達する必要もなく、テキストに沿って勉強するだけでしっかりジェルネイルを学ぶことができます。テキストで分からない部分がでてきたらメールで何回でも質問できますし、分からないままつまずいて最終的にジェルネイルのネイルチップ販売をあきらめる・・・なんて失敗もありません。

自宅でできる!ジェルネイル資格取得講座

ジェルネイルの通信講座は自宅で勉強できて、基礎から応用まで一通り勉強できます。せっかく勉強するなら資格もとれれば良いのにな・・・という方にピッタリなのが「ジェルネイル資格取得講座」です。普通の通信講座ならただ勉強するだけですが、資格取得講座なら勉強もできて資格も取れます。

この記事のはじめに「自作ネイルチップの販売には資格は必要ない」と書きましたが、実は、資格があればあきらかに販売の強みになります。

初めてネイルチップを購入するお客さんは、

「価格もデザインも写真も良いけど・・・評価はどうかな?どんな人なのかな?」

と出品者のプロフィールページを見ますよね。販売したての作家さんだとレビューも少ないですから不安になります。でもプロフィールに「資格あり」と明記されていれば、販売を始めたばかりの作家さんみたいだけど購入してみよう!という気持ちになります。

≫「ジェルネイル資格取得講座 無料パンフレット」(日本パーツビューティーアカデミー)

ジェルネイル認定講師資格取得講座

以前、レジンの資料請求をしたことのある日本パーツビューティーアカデミーでは「ジェルネイル認定講師資格取得講座」もあります。疑問点をメール・電話で直接聞けるので困ったときも安心です。質問回数も制限が無いのでとことん回答してもらえます。

 

※レジンの資料請求をしたときの記事はコチラ

handmade-howto.hateblo.jp

 

料金が高いと感じる方もいると思いますが、資格取得講座ですから実はこの料金には「認定証」の発行料金も含まれているんですね。

生涯離れることのない「ジェルネイルの資格を証明する認定証」ですし、その後の更新費用もいらないので妥当な料金だと思います。

 

(どうしてももっと安い料金でジェルネイルを勉強したい・資格をとりたいならRHKトータルアカデミーのジェルネイル認定講師通信講座で30000円未満で申し込めます。)

 

日本パーツビューティーアカデミーの認定証は、テキスト内容に沿った課題作品とレポートの提出後、約1~2か月ほどで合格者に発行されます。(ただし、教材到着後120日以内)

120日は約4か月ですから、思ったよりものんびりと勉強できますね。

 

パンフレットを送ってもらうのは無料です。以前送ってもらいましたが、変なメールや電話、勧誘もなく普通にポストに投函されてました。

ちょっと気になる・・・という方は公式サイトの資料請求(日本パーツビューティーアカデミー) から取り寄せてくださいね。

 

  ジェルネイル認定講師資格取得講座
申込方法 必要事項を記入した「受講申込書」を郵送
※受講申込書、返信用封筒はパンフレットに同封

公式サイト「日本パーツビューティーアカデミー」から
学習テキスト内容
  • ネイル用具の種類と名称
  • プレパレーション(下処理)
  • 甘皮処理
  • ベースの塗り方
  • LEDライトの使い方
  • ラメグラデーションの塗り方
  • 縮まないカラージェルの塗り方
  • フレンチの塗り方
  • マーブルアートの塗り方
  • カラーの塗り方
  • ピーコックアートの塗り方
  • ドットアートの塗り方
  • カラーグラデーションの塗り方
  • ストーンアートの作り方
  • ホログラムアートの作り方
  • シールの貼り方
  • ジェルネイルの落とし方
キット内容
  • 公式テキスト
  • LEDライト
  • クリアジェル
  • カラージェル
  • ジェルブラシ
  • リムーバー
  • ジェルクリーナー
  • エメリーボード
  • バッファー
  • ファイル
  • シール
  • スタッズ
  • ラメグリッター
  • ストーン
  • ホログラム
  • パールストーン
  • ウッドスティック
受講料 分割払い:3,800円×24回
※初回のみ4,064円

一括払い:79,000円
支払い方法 現金(一括のみ)
クレジットカード(一括あるいは分割)
デビットカード(一括のみ)

日本パーツビューティーアカデミー(公式サイト)